FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンドロイドは人間になれるか

いや~、最近少し考えさせられたことがあった。友達とケンカ別れ、娘には変態老人と言われたのだ。これらの課題を分析中に、いい本に出会った。石黒教授の「アンドロイドは人間になれるか」である。

img_30899dfb105d07203ee3ed438668d0a9172422-232x300.jpg


洋の「シンギュラリティは近い」をバイブルと言えば、「アンドロイドは人間になれるか」はさしずめ、東の仏典だろう。
小さい頃、「人の気持ちを考えなさいよ」とよく母親に石黒教授は言われたらしい。石黒少年は、人とは? 気持ちとは?考えるとは?ということが、どういうことか分からなかったという。

その長年の疑問を解くために、アンドロイドをつくった。人間そっくりなロボットを作れば、人とは、気持ちとは、を研究できると考えたのだ。だから、ルイ・カーツワイル博士とは発想の原点が違うのだ。カーツワイル博士はテクノロジーから入っている。

10年前は夢見たいと思われていたことが、今は知らず知らずのうちに自分の習慣に組み込まれている。例えば、iPhoneなどのスマホだ。確かに以前言われていた「情報革命」がスマホによって現在起こっているんだよね。それが習慣化しているので、特に情報革命などとは思っていない。

いい時代になったので、ここでそろそろ、「言葉の再定義」をしたほうがいいのではないか、と石黒教授は提言している。賛成です。以下はドクトルが考えた再定義。

気持ちとは?
気持ち= 心 =気と言い換えてもいいだろう。また量子 <原子より小さい量子の世界では、「物質」と「状態」をはっきりと区分できない。 量子は「物質」ではなくて「状態」> 、印哲のブラフマンとも言い換えてもいいだろう。

心とは想像して感じることだ。だから物理的な距離は関係ない。気に留めていればテレパシーは分かる。また例えば、いい文章などもそうだよね。たくさん想像を膨らませることができる文章はいい文章だ! 絵もそうだよね、たくさん想像を膨らませる絵がいい絵だ! いい音楽もそうだよね。想像が膨らむ音楽がいい!以下の音楽をクリックしてみて下さい。



ぷらす










スポンサーサイト

ベトナムでブラーバ!



フロアモッピングロボット、ブラーバいいですね!
ベトナムの我が家は広いので、メードはすぐにやめてしまう。ならばということで、自動で掃除をしてくれる”ルンバ”を購入する予定だったが、日本に帰国中の4月から”ブラーバ”が家電量販店でも販売がスタートしたので、早速ブラーバ380jを購入した。家の床はタイル床と木床なので、水拭き、から拭きが正にピッタリなのだ。

急速充電スタンドを使用すると2時間で充電OK。稼働時間はドライモード4時間、ウエットモードで2.5時間なので、広い面積も大丈夫だ。 自分の位置を確認しながら普段手の届かないところまで掃除してくれる。なかなか可愛いいやつだ! 

ブラーバ380jはアイロボット社の日本正規販売代理店であるセールス・オンデマンド(株)が、日本市場で販売する為に日本仕様にカスタマイズされた製品のみを販売・サポートするとしている。しかし、プラグには100V ~240V入力可能の表記が残って(?)いる。ならば、変圧器でステップダウンせずとも、220Vコンセントに直接つなげるではないか!? つーことで、セールスオンデマンド社に問い合わせてみた。その回答が以下。

「日本国内では、電気用品による危険及び障害の発生を防止する目的として経済産業省により電気用品安全法が規定されています。 弊社は、電気用品安全法に則り、日本仕様のブラーバを販売しております。従いまして、海外でご使用された場合に、何らかのトラブルが発生したとしても、弊社サポートの対象とはなりません。上記のことから、海外でのご使用はお勧めしておらず、変圧器をご使用いただく、ご使用いただかない、どちらの状態でございましても、ご使用が可能であるか、ご回答ができかねます」

上記の回答から、多分直接220Vに接続しても大丈夫とは思ったが、やはり安全のために変圧器を30万ドンで購入して充電することにした。




ぷらす

4月末、大英博物館展を見に行った。 今の時代から見るとすべて盗品と思えなくもないが、大英帝国の凄さを感じる展示物だ! 6月28日まで東京都美術館で開催されている。



そのあとは、浅草に出て、民謡酒場「追分」で津軽三味線を聴きながら一杯!
「追分」にはあの吉田兄弟もよく来ていたらしい。http://www.oiwake.info/







1965年に想像された2015年(50年後)の世界

IMG_2569.jpg IMG_2585.jpg 

昨年末の大掃除で、使わなくなったIT周辺機器と本を捨てた。
現在はスマホやPCがあれば、大方のことは出来てしまう。紙の書籍はもうほぼ全滅だ。特に旅行関係の本は完全にウェブに移行している。いや~、情報革命により社会は大きく変化しているなぁ~!

practice_of_management.png 51B6KVVE6rL._SY344_BO1,204,203,200_
61FYYvFCXlL._SL500_SY344_BO1,204,203,200_ 518TA2Z22ML.jpg

そういえば、どくとるが高校・大学時代の1960年代末から70年代にかけて『未来学』ブームがあった。ゼミの野田一夫先生が監修したピータードラッカーの『現代の経営』や、堺屋太一の『知価革命』、アルビン・トフラー『第三の波』、サミュエル・ハンチントン『文明の衝突-引き裂かれる世界』等を興味深く読んだ記憶がある。近年、その未来学の予想(所謂、情報革命)がついに現実になったと実感している。
参照 
「第三章:過去の諸賢の未来予測と現実の社会」

現在はインターネットやスマホの普及などにより、ついに人類は『ユビキタス社会』を実現させた。いつでも、と゛こでも、誰とでも 通じ合い理解しあえる、社会的なインフラが完成したのだ。そしてこの事実は、それまでの国家や民族、イデオロギー、宗教などの垣根を取り払い、情報の世界同時性を実現させている。

そして、ついに2015年! 今年はロボットテクノロジーが指数関数的に発達し、ロボットが本格的に社会に進出してくる「ロボット元年」になる年だと考えている。そして「IoT(モノのインターネット)+AI(人工知能)」が次のパラダイムになる、それが2015年から本格的に始まる。どくとるも積極的に関わっていくつもりだ!

IMG_2575.jpg
2000年に公開されたSF映画「ジュブナイル」にでてきた、テトラは2015年から来たロボット。テトラのような性格がロボットにはいい! 

以前、このブログで「アバタープロジェクト」について書いたが、その後も進化発展しており、2045年には完成するらしい。2020年=アバター計画完成、 2035年=脳のデジタル化、 2045年=肉体からの開放、バーチャルに生きられる!
2045年といえば、AIがあらゆる領域で人間の脳を超えてしまう
シンギュラリティ(技術的特異点)の年で、どくとるは95歳! いや~、何とかそれまではAIロボットやiPS細胞のお陰で生きていられるだろう。その後バーチャルに生きるかどうかは、その時に考えるかAIに任せるつもりだ・・・。



 ぷらす

超久しぶりに紅白歌合戦を見ました。やっぱりいいですね!

Good Happy New Year ~~ 
ごきげんよ~!! =花子=



テレポートプレゼンスロボット

まず、2つの動画をご覧下さい。



Samsungが最近のイベントで発表した「Project Beyond」 
3D撮影を可能にする立体カメラが17個も搭載されているので、風景を360°全て3D映像として撮ることが可能。
同時に12月初旬に発売のVRHMD(ヴァーチャル・リアリティ・ヘッド・マウント・ディスプレイ)の「Gear VR」。 この二つを組み合わせると、まるでその場にテレポートしたかのような感覚を得られるらしい。
Samsungは「Project Beyond」を順次各地に配置し、「GearVR」と連携することで、家の中にいても外にいる感覚を体感できるという。
今までも、Webカメラが設置されている場所(世界中)を見ることは出来たが、まぁテレビの悪い画質の実況中継を見ているようなものだった。しかし、このProject Beyondは全然違う。Gear VRをつけて首を動かせば、まるで自分がそこにいる様に360度すべてが見えてしまう。



ドローン開発会社パロット社が、12月1日に発売した(?)新しいビーボップ・ドローン。
ビーボップには魚眼レンズが搭載され、これを通して捉えた風景を追体験できるし、バーチャル・リアリティー・グラスで見るのも可能。 もう少しすると、オキュラス・リフト(180° VRヘッドセット)が使えるようになるらしい。即ち、頭をそちらに向けるだけでドローンの飛行ルートを変えたりできるようになる。ビーボップの価格は、アメリカで500ドル。タブレットに装着できるスカイコントローラーとのセットは800ドル。 
ドローンに取り付けられたカメラ映像をオキュラス・リフトで見れば、まるで自分が空を飛んでいるように感じられる。 完全に鳥になって空を飛んでます! 鳥の自分は首を動かすだけでいい。

どうですか? 凄いですよね。未来の話ではなく、もう現実化しているのが凄い。


eb67dd0c.png

近い将来に考えられるのは、Project Beyondをロボットに取り付ける。サムスンの場合、定位置にセットするので動けない、ただ首をまわしているだけ。これを手足のあるロボットに合体させれば、歩いたり、そこにある物を取ったりできるようになる。そう、これが直ぐ実現可能なテレポートプレゼンスロボット! 

ペッパー(もう2ヵ月後に発売!)の次のバージョンあたりに取り付けたらどうだろう?! ペッパーもこういう進化のバージョンアップをしていくことにより、アップルのiPhoneと同じような販売戦略がとれる。孫さんはすでにそう思い描いているようだが・・・。最終的にペッパーは各々の個性にカスタマイズされたアバターになるでしょうね。




テレプレゼンスロボット

いや~、最近のロボットテクノロジーの進歩は目覚しいものがありますね。面白くなってきました。
どくとるが今興味を持っている技術はテレプレゼンス(遠隔地の人とその場で対面しているかのような臨場感を提供する技術)。現在使用しているのはビデオ電話のスカイプだが、遠隔地にいる相手と物理的にもコンタクトしたいと考えている。

ネットで調べてみるともうたくさん出ている! 形状はまさにに初期!という感じだが・・・


telepresence-lineup.jpg

どくとるが色々な面で使えるなと思ったのは、Doubles(代役)だ。価格は約2,500ドル+チャージングドック$300 + 第2〜4世代の「iPad」。価格的にはPepperに負けるが、Pepperもテレプレゼンスができる?! できればPepper198,000円の勝ちだが・・・。

Doublesは通常利用で1日8時間使うことができ、また、チャージングドックまで移動できる(ルンバと似ている)充電時間は約2時間。物理的に人間の助けはあまり必要ない。高さは約1.2〜1.8mの範囲で伸縮でき、低いほうが移動スピードを上げられる。床にある程度の障害物があっても移動することができる。




以下はDouble Robotics社のDoublesにどくとるがアクセスして撮ったスクリーンショット。

ScreenClip_20141113175253be0.png 


テレプレゼンスロボットは動き回れるので、人に頼まなくでも周囲を見回して変化に気づくことができるので、使い道は色々と考えられる。例えば、事故で脚を骨折したとか、ベトナムにいるので、友人の結婚式に行けない。代わりにロボットで披露宴に出て祝辞を述べる。 テーブルを回って旧交を温める。
家族をつれて海外赴任。日本で一人暮らしの母が心配なので、ロボットで時々様子をみたり、話をしたりする。
病気で学校に行けない子も授業に出席できる。その映像は以下。



ロボットテクノロジーの進歩速度はドックイヤーなので、まさかと思っていることが直ぐに現実化してくる。価格も安価になってきている。ペッパー君は3ヵ月後に発売となる。実際に購入する場合は、ver.2からにした方がいい。最初のモデルはバグが多いからだ。

23_main_web.jpg

将来のテレプレゼンスロボットはAI(人工知能)とうまく融合し、自分と瓜二つの分身ロボット(アバター)になっていくことだろう。猫の手も借りたい、体がいくつあっても足りない、、、そんな時、自分のアバターがいる。
どくとるの場合、ベトナムが生活のベースなので日本にアバターを置いておく。ベトナムからの遠隔操作はもちろん、アバターが自分(どくとる)と同じ意識でも行動する。自分と同じ姿、行動パターン、心を持ったロボットだ。一人二役ではない、二人一役となるのだ! オーマイブッダ!!




 ぷらす

日本に一時帰国した時に購入したROMOで、ハッピー君を2階の見えない所からリモート撮影した。基本的にDOUBLESと同じく、ROMOも海外からでも遠隔操作で動かせ、相手を映し、自分の顔をROMOに出し、お話もできる。ただ、ROMOに差し込んで使用するiPhoneの電池は2時間弱で消耗するし、目線が地上すれすれの動物目線・・・。


romo5-3quarter-lg_201411161749137a2.png IMG_2548.jpg 
 ロモ君をWiFiコントロールで動かし・・・、ハッピー君に近づいていくと・・・、

IMG_2551.jpg IMG_2555.jpg 
ぬぬっ、なんだ、なんだ・・・・、      怖い! 臆病なハッピー君




FC2カウンター
プロフィール

ドクトルさかもと

Author:ドクトルさかもと
1949年八王子生まれ
1973年立教大学社会学部観光学科卒業
旅行会社、貿易商社、自営業を経験
Bepal親子の印度哲学の旅 フンザ王国でのお花見
リオのカーニバルで踊りまくり等のイベント実施

近未来遊楽生活
5FA35EE4-60C6-4362-AF63-1DDB31E45891.jpg リアルとバーチャルの境界が溶け始めてきた現在と近未来を見据えて、「近未来遊楽生活」を始めました。ブログ「熱帯楽園倶楽部」の発展系です。 遊楽生活には、大/小道具、大/小イベントが必要と考えています。その道具類の導入から使いこなし、イベント(旅、パーティー)の楽しさ等々を面白おかしく書き綴っていきます。 リアル拠点はホーチミン市と八王子市にあります。
アルバム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
クリック
トリップアドバイザー
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。