FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マネーからハートへ

4月24日発売の「エコノミスト」にあるコラム「問答無用」に岡田斗司夫氏の面白い記事が出ていた。"お金を動かさなくても経済は回る"とした「評価経済社会」の紹介だ。どくとるはここ数年フリーミアムの社会について考えているが(その他リンクは”タダ””デジタル化すれば安くなる”)、同じような考え方をより具現化しているのが岡田氏だ。 記事で岡田氏は、親が子供を育てるのは投資回収を求めているわけではない。でも、子供は恩返ししなければ、と思う。先に贈与するから相手が返済を考える。世の中は評価経済社会で回っていて、評価経済社会の方が幸せなんです、と述べている。 (↓の記事をクリックすれば大きくなります)

写真1 写真2 写真3 写真4

船井幸雄氏は近書『断末魔の資本主義』で、物質の飽くなき追求と共に、競争、秘密、浪費、分離、金銭至上主義などという資本主義の持つエゴに立脚した方向性は、人間を不幸にし、文明を破壊させ、人類を原始人に戻らせてしまうと警告している。

キャピタリズムのブログでは、ムーア監督は「資本主義は17世紀の、社会主義は19世紀の理念。我々は21世紀に生きている。いま直面していることに対して何か新しいことを考え出すことができる十分賢い人間ではないのか」と問いかけている。

「金本位制、ポイント制が最後の絆?」のブログでは、インターネットが発達した現在では、マネーの代わりにポイント制にしたらいいと書いた。まさに岡田氏の言う評価経済社会だ。東日本大震災から1年余りが経過した今こそが、日本が世界に範を示す時ではないか。

資本主義崩壊の後の新しい芽はでている。それはフリーミアムだとドクトルは考えている。アップル、グーグル、Facebook、スカイプ等、これらは基本的にフリーである。
ソニーの平井新社長は画期的なことをやると言ったあとに、リストラ発表じゃどうしようもないんじゃん。フリーミアムの先頭を走ることがソニー復活のカギになるのでは・・・。

その点、岡田斗司夫氏ほどではないが、熱帯楽園倶楽部もささやかながら実践し始めている。
このブログもフリーで書いているし、おうちカフェバーも皆に開放している。メーデーにはおうちに倶楽部メンバーが集まるので、「評価経済社会」について論議する予定だ。

熱帯楽園倶楽部は”コミュニケーションを大切に”をモットーとしている。人と人との繋がりは、マネーtoマネーでなく、家族のように、 to  で繋がっている社会が理想だ。
人は助けてもらった時とか、の行為をしてもらった時には恩義を感じるものだ。そして、いつかその恩を本人や社会に返そうとする。そう, GNN (義理、人情、浪花節) の世界だ。

ジャンジャン


ぷらす

【おはよう短編小説】

朝起きて、ご飯を食べて、電車に乗って、労働して、帰って、ご飯を食べて、就寝。それを5回繰り返せば、ようやく2日間の休息時間をいただけます。しかし休息時間の最終日である日曜日の夜は、「翌朝から開始される労働の5日間」のための準備をする必要があるため、時間を制限されます。

よって、2日間まるまる休めるというわけではありません。よって、1週間のうち5.5日間ほど労働のために尽くさなくてはならない時間ということになります。この世は仕事がメインで動いています。仕事をすることで生活を維持しているわけです。

しかし「生きるための仕事」であるはずが、「仕事のための人生」になっていることに、どれだけの人が気が付いているのでしょうか? 気がついているけれど、それが人間社会のルールだと思って受け入れている人がほとんどなのではないでしょうか? もしくは、そこまで深く考えずに生活している人もいることでしよう。

自分の生活を豊かにするための仕事のばずが、いつの間にか、仕事のための人生になっている。朝起きて、ご飯を食べて、電車に乗って、労働して、帰って、ご飯を食べて、就寝。それを5回繰り返して、ようやく1.5日の休息時間が得られるこの状況。私は耐えられません。

そんなことを言うと、いろいろと理由をつけて「仕事中心に回っている自分や社会」を肯定する人もいると思いますが、場合によっては社蓄だったりワーカーホリックである可能性があります。私はそうなりたくないので、いまの事務の仕事をやめて(絶筆)。



スポンサーサイト
FC2カウンター
プロフィール

ドクトルさかもと

Author:ドクトルさかもと
1949年八王子生まれ
1973年立教大学社会学部観光学科卒業
旅行会社、貿易商社、自営業を経験
Bepal親子の印度哲学の旅 フンザ王国でのお花見
リオのカーニバルで踊りまくり等のイベント実施

近未来遊楽生活
5FA35EE4-60C6-4362-AF63-1DDB31E45891.jpg リアルとバーチャルの境界が溶け始めてきた現在と近未来を見据えて、「近未来遊楽生活」を始めました。ブログ「熱帯楽園倶楽部」の発展系です。 遊楽生活には、大/小道具、大/小イベントが必要と考えています。その道具類の導入から使いこなし、イベント(旅、パーティー)の楽しさ等々を面白おかしく書き綴っていきます。 リアル拠点はホーチミン市と八王子市にあります。
アルバム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
クリック
トリップアドバイザー
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。