FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報は間脳で統合され意識となる

中村天風は生命は間脳の下にあると言っているが、どのように生命意識が発生するかは解き明かしていない。
それを科学的に解き明かしたのが、医師、神経生理学者のイタリア人だ。その著「意識はいつ生まれるのか」には以下の様にある。”意識は、頭蓋骨の中にある拳一つ分のニューロン(神経)が統合されることで生み出される” と、しかし脳のどこで統合されるかは解き明かしていない(?)。中村天風は間脳の下にあると言っているのだが・・・。

FullSizeRender_2015080419443817b.jpg

上図は覚醒時と睡眠時別に、大脳皮質の表面に刺激を与えた結果、発生する脳波である。
睡眠時は脳波の強弱はあるがパターンが均質的である。覚醒時の脳波は様々な波が飛び交っている意識のある状態だ。

中村天風は「母の子宮の中で人間のできる順序は、まずこの気が肉体の中心となって存在する場所がつくられる。これを生命科学で四畳体といいその四畳体の下に間脳というものがある。この間脳こそ人間というものの正体であり自我の本質でもある。大根大本がこの中に鎮座して、これが一番先、入れ物としてできる。そしてその後に心の働きをする神経系統ができ、筋肉、細胞、その他の五臓六腑ができる。この見えない気(霊魂)、これが俺なんだ。見えないひとつの気が、現象世界にその生命を表現しようとする場合に必要な道具として与えられたのが肉体と心だ。気が生きるための道具が肉体。この体を自分だと思っちゃいけない。体は、自分のものなんで、自分じゃない」 「四畳体の下に間脳というものがある。これはどんなに医者が研究しても何のためにこれがあるかを説明することはできない。しかも人間はこの間脳というものを毛筋でピンと付いても死んじまう。肉体の生命が絶えてしまう。この間脳こそまさに人間といものの正体である」と。

じゃんじゃん
スポンサーサイト
FC2カウンター
プロフィール

ドクトルさかもと

Author:ドクトルさかもと
1949年八王子生まれ
1973年立教大学社会学部観光学科卒業
旅行会社、貿易商社、自営業を経験
Bepal親子の印度哲学の旅 フンザ王国でのお花見
リオのカーニバルで踊りまくり等のイベント実施

近未来遊楽生活
5FA35EE4-60C6-4362-AF63-1DDB31E45891.jpg リアルとバーチャルの境界が溶け始めてきた現在と近未来を見据えて、「近未来遊楽生活」を始めました。ブログ「熱帯楽園倶楽部」の発展系です。 遊楽生活には、大/小道具、大/小イベントが必要と考えています。その道具類の導入から使いこなし、イベント(旅、パーティー)の楽しさ等々を面白おかしく書き綴っていきます。 リアル拠点はホーチミン市と八王子市にあります。
アルバム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
クリック
トリップアドバイザー
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。