FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いや~、長生きしましょう!

いや〜、9月25日に66歳になるドクトルです。最近は病気や怪我をしやすくなり、そしてその回復に時間がかかるようになってきた。しかしそう遠くない将来、健康で快適な楽しい社会が出現してきそうなので、その時に向けて健康管理には気を配っています。

東京オリンピックの2020年、その5年後の2025年、2035年・・・頃には、まずエネルギーがだんだんフリーになる。生活のために働く必要が無い社会「不労」が出現し、 肉体とテクノロジーが融合し人類は「不老」も得ていく。とりあえず、プレ・シンギュラリティ(シンギュラリティの前段階)に滑り込めば、肉体は再生され、若返り、快適で楽しい社会をエンジョイできるようになっていくからである。
皆さん! 運動をし、ストレスを貯め込まず、睡眠は6~7時間取り、サプリメントを飲んで (「シンギュラリティは近い」の著者ルイ・カーツワイル氏は毎日250錠ぐらい飲むらしい、サプリだけでお腹が一杯になってしまう!?)、健康に配慮した生活を送り、長生きしましょう!

さて、このプレシンギュラリティを実現させる原動力となるのが、エクサスケールスーパーコンピュータだ。エクサとは情報量の単位で、その前にはペタ、テラ、ギガ、メガ、キロがある。


数 接頭辞 記号 漢数字表記(命数法) 十進数表記     語源
1024 ヨタ (yotta) Y 一𥝱 1 000 000 000 000 000 000 000 000 イタリア語
1021 ゼタ (zetta) Z 十垓 1 000 000 000 000 000 000 000 イタリア語
1018 エクサ (exa) E 百京 1 000 000 000 000 000 000 ギリシャ語
1015 ペタ (peta) P 千兆 1 000 000 000 000 000 ギリシャ語
1012 テラ (tera) T 一兆 1 000 000 000 000 ギリシャ語「怪物」
109 ギガ (giga) G 十億 1 000 000 000 ギリシャ語「巨人」
106 メガ (mega) M 百万 1 000 000 ギリシャ語「大きい」
103 キロ (kilo) k 千 1 000  ギリシャ語「1000」

連坊議員をして言わしめた「2位じゃダメなんでしょうか?」の京コンピュータ(10ペタ)を大幅に上回る100京(1兆の100万倍)の演算性能を持つのがエクサスーパーコンピュータだ!これが東京オリンピックの頃には稼動できるようになるらしい。
エクサコンピュータが稼動し始めると、京では不可能だった途方もない演算や探索やシミュレーションを行えるようになり、きわめて短時間に膨大な物理現象を解明し、新しい手技や道具や設備を作り出し、画期的な製造・生産方法を確立し、無尽蔵のエネルギーや資源を手に入れられる。

結果、どういうことが起こるかというと、まず、エネルギーがフリーになる。安全な核融合発電、超高性能蓄電池の製造方法等をエクサコンピューティングにより、シミュレーション処理と最適な構造の探索ができるようになる。エネルギーがフリーになり、植物工場が出来て、食料がフリーになり、閉鎖循環式陸上養殖場ができて、魚がフリーになり、無菌室的な閉鎖空間における畜産で食肉もフリーになり、各種繊維もフリーで無限につくられる。すなわち、衣食住全てがフリーになるいというとんでもない社会が現出してくるというのだ。

4年前に書いた
「エネルギー革命」で紹介したバイオマス、雪氷熱、地熱、シェールガス、メタンハイドレート、藻類発電、海流発電、水素発電等は既に一部商用化されているが、エクサコンピューティングにより、更に加速されていくだろう。例えば、二酸化炭素と水からバイオ燃料を生成することが可能になり、2020年ごろまでに、人工光合成によりアルコール(石油)生成などができるようだ。

そして、究極は人工太陽をつくりだしてしまうという熱核融合発電だ!ITERによって、実験炉の開発が進められており、2020年には完成する予定で、2040年には商用の熱核融合発電炉が稼動するらしい。現在問題となっている原発はウランやプルトニュウムの核分裂から得られるエネルギーを取り出しているのに対し、熱核融合炉は重水素と三重水素を融合させる核融合なので、危険性ははるかに小さいものらしい。この実現まで、あとわずか13年足らずであり、商用発電まで見ても、あと25年程度であるという。オーマイブッダ!

Evernote Snapsht 20150919 111327
Evernote Snapsht 20150919 114459


生活や仕事の煩わしさから開放された快適な環境・状況で思索に耽られる。こんな状態がシンギュラリティの2045年を待たずに、プレ・シンギュラー(多分、2035年頃)時点で実現するとドクトルは思う。

東京オリンピックまでには、バーチャルリアリティが一般に浸透してくるしてだろう。ちなみに今開かれている東京ゲームショウ(
http://japanese.engadget.com/2015/09/17/2015-playstation-vr-oculus-rift/ )を見れば分かるように、2016年は没入型VRが花開いてくる。VRが実生活に入ってくると、家にばかりいて運動不足になるのではと心配がでてくるが、肉体をより発展させるVR+リアリティーなので問題はない。

熱帯楽園倶楽部のモットーは、人生は楽しむためにある(衆生所遊楽)。健康で、ロマンを持ち、コミュニケーションを大切にすることだ。ネットによるコミニュケーションの方法はすでに現在ではSNSにより実現されているが、最新ビデオ会議システムがそうなるように 、このSNSも近い将来に大きく様変わりすることになる 。ヴァ ーチャル ・リアリティ世界の体験が SNS上で共有できるようになり 、その世界のなかで時間を共有して 、一緒に食事をしたり 、映画を見たり 、スポ ーツをしたり 、観光地に出かけたりすることができるようになる!

住む場所に関しては・・・、便利な都市機能を堪能した生活を送りたいという話自体が 近いうちに “都市伝説 ”になってしまうのではないだろうか 。便利な都市機能自体が 、仕事のためであったり 、娯楽のためであったり 、交友関係のためであったりすることがほとんどであろう 。そのいずれもが 、都市でなくてはならないという時代は 、間もなく終わろうとしている 。現実に 、今日現在であっても 、ネットワ ーク上の機能のほうが圧倒的に便利な場合が急速に増えてきている。

住む場所はどこでもいいということになる。ベトナムでも日本でも新潟県でも山古志村でもいいということだ・・・。
自分の好きなところに住めばいいのだが、しかし最低限譲れない線がある。即ち、思索に耽ることができる環境かどうかだ。結論をいえば、自分の想い出が一杯詰まった場所(故郷)が一番いいのではないか。

分かったと・・・、じゃ、今何をすべきか? 簡単! その時まで、健康を維持して、待てばいいだけ!




<参考文献>

ダウンロードダウンロード (1)




ぷらす

新しいシューズでジョッギングを再開したら膝を痛めてしまった。
ジョギングやスクワットはやめて、ウオーキングだけにしたり、湿布薬を貼ったりと色々と試したが、すぐにぶり返してくる。
こんな状態が数ヶ月続いたある日、「マッサージが効くのでは?」と思い、ネット検索してみたら、ありました!

http://www.tubodesu.com/leg15+index.id+1.htm

sotositsugan.jpg sp06.jpg 

早速、マッサージしてみたら、なななっんと・・・! 即効で直った!
膝に痛みのあるご同輩! 是非お試しあれ!






スポンサーサイト
FC2カウンター
プロフィール

ドクトルさかもと

Author:ドクトルさかもと
1949年八王子生まれ
1973年立教大学社会学部観光学科卒業
旅行会社、貿易商社、自営業を経験
Bepal親子の印度哲学の旅 フンザ王国でのお花見
リオのカーニバルで踊りまくり等のイベント実施

近未来遊楽生活
5FA35EE4-60C6-4362-AF63-1DDB31E45891.jpg リアルとバーチャルの境界が溶け始めてきた現在と近未来を見据えて、「近未来遊楽生活」を始めました。ブログ「熱帯楽園倶楽部」の発展系です。 遊楽生活には、大/小道具、大/小イベントが必要と考えています。その道具類の導入から使いこなし、イベント(旅、パーティー)の楽しさ等々を面白おかしく書き綴っていきます。 リアル拠点はホーチミン市と八王子市にあります。
アルバム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
クリック
トリップアドバイザー
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。