FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徒然なるままに

写真

日本からベトナムに戻ってきてから、ウオーキングを1回しただけで、ジョッギングはしていない。ヘルニア術後1ヶ月ほどはジョッギングを控えるように医師に言われているからだ。確かに、ちょっとジャンプすると傷口に響く。

なんでも出来るときにはやっておくことですね。運動ができる時には運動をする。旅に出られるときは旅に出る。食べられるときには食べる。・・・と感じる最近のどくとるです。

さて、どくとるは愛煙家だが、日本ではスモーカーの肩身の狭さをつくづく感じた。カフェには喫煙エリアがあるが、なんか秘密クラブの雰囲気だ。大体が店の奥とかにあり、中にいる人たちは一様に健さん(高倉健)みたいな雰囲気で一人が多い。日陰の身のたまり場だ。この雰囲気はどこかで以前感じたことがある。そう、ソ連時代のモスクワやハバロフスクのレストランでだ。なんか暗いんだよな~。

日本では皆さん真面目に生きておられる。規則はちゃんと守るし、服装もちゃんとしているし、礼儀も正しい。ただ、何か楽しさには欠けているようだ。例えば、歩き方から、服装からウオーキングの見本のようなシニアの人を見た。しかし、ぜんぜん楽しそうではない。iOSデバイスを聴きながら歩けば、健康+楽しさになるのになぁ・・・。

少子高齢化、経済の低迷等により日本は色々な面で詰まっているなァと感じる。どんな状況下でも気の持ち方で楽しむことはできるのだが、一般にはなかなか難しい(?)・・・。
日本では難しくても、全てがゆるいベトナムでは可能だ。規則はあって無きが如しだし、元気が街中に溢れている。こういう状況に身を委ね、規則や規律などから全てを開放することにより何かが見えてくる・・・。そんな何かが見えてくる旅を創りたいとどくとるは考えている。


ぷらす

ワンコロのハロウィン衣装




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

ドクトルさかもと

Author:ドクトルさかもと
1949年八王子生まれ
1973年立教大学社会学部観光学科卒業
旅行会社、貿易商社、自営業を経験
Bepal親子の印度哲学の旅 フンザ王国でのお花見
リオのカーニバルで踊りまくり等のイベント実施

近未来遊楽生活
5FA35EE4-60C6-4362-AF63-1DDB31E45891.jpg リアルとバーチャルの境界が溶け始めてきた現在と近未来を見据えて、「近未来遊楽生活」を始めました。ブログ「熱帯楽園倶楽部」の発展系です。 遊楽生活には、大/小道具、大/小イベントが必要と考えています。その道具類の導入から使いこなし、イベント(旅、パーティー)の楽しさ等々を面白おかしく書き綴っていきます。 リアル拠点はホーチミン市と八王子市にあります。
アルバム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
クリック
トリップアドバイザー
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。