スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムでポケットWiFi

写真 2 
9月18日のブログ「日本でたまにしかWiFiを使わないときは?」でイー・モバイルのオンラインストアで、アウトレット品のプリペイド式PocketWiFiを1万円で購入した話をした。そのコメントで「ベトナムにPocketWiFiを持って帰って、VinaphoneかMobifoneのシムを挿して使えるか試してみていただけますか?」を頂いたので、帰越後試してみた。結果はオーライ!

まず最初に試したのは、携帯電話にあるシムカードをPocketWiFiに挿入してデータ通信用に使えるかどうか・・・、結果は使えます。ただ、通信料は1時間で6万ドン(240円)ほどになってしまう。

次に試したのは、ベトナムの通信会社が提供している 3G高速データサービス。携帯電話のシムカードから直接インターネットに接続できる。ベトナム大手キャリア3社の代表的なサービスではViettel社の「MiMax」, Mobifone社の「MIU」, Vinafone社の「MAX」。基本的に各社とも月額40000ドン(300円)で500MBまで無料で、8/2Mbpsと高速。500MBを越えると低速になるが追加料金なしで制限無く使える。

自分が加入しているキャリアーのサービスを利用するのが余計な料金もかからず手っ取り早い。どくとるの場合はMobifoneなので、MIUに加入した。アクティベーションの方法は携帯から電話(Mobifoneの場合は9090)して設定してもらう。(ベトナム語onlyなので、ベトナム人に電話してもらうのがベスト。どくとるの場合はかみさんにしてもらった)設定が終わるとすぐに携帯電話のプリペイドから4万ドンが引かれ、通信可能の状態になる。因みに、携帯電話のシムカードが失効した時は高速データサービスも使えなくなるので、携帯をリチャージする必要がある。

写真 1

翌日停電になったので、早速MIUの出番が出てきた。停電の時は通常WiFiカフェに行くのだが、今回の停電では在宅でPocketWiFiとiPadによるネット接続だ。1時間ほど使用して料金を確認したところ、変化なし。つまり、プリペイドの1ヶ月4万ドンが生きている。

しかし、WiFiを使用するときは、いちいち携帯電話からシムカードを抜き取って、Pocket WiFiルーターに挿入しているので不便だ。ルーターに挿入しているときは携帯電話が使えない。その辺をキャリアーに問い合わせたところ、データ通信専用のSDカードみたいなのがあるらしい。ベトナムではそれを専用のUSBに挿入して使用するか、ポートのあるノートパソコンだと直接挿入して使用するらしい。この辺は1ヵ月後にトライしてみる予定だ。

旅行者の場合、簡単に短期間海外(ベトナムもOK)でもiPhone、iPad、ノートPCを使用したいときは、日本の出発する国際空港で海外WiFiレンタルサービスを利用する手がある。使い放題で1日あたり平均500円だ。海外から日本へ国際電話をかけるとえらく高いが、WiFiでスカイプを使えば無料か格安で日本と連絡が取れる。レンタル携帯電話は通信料が高いので、今後はWiFiレンタルを利用することをお勧めする。

まぁそういうことで、現地在住者にとって一番簡単なのは、ベトナムではiPhoneとかのテザリング機能(スマホをWiFiルーター代わりにできる)が使えるので、今ある携帯を捨ててiPhone5に乗り換えることだが・・・、これも近い将来トライする予定だ。因みにiPhone5はベトナムでもそろそろ発売されるらしい。既にiPhone5を使っている人もいるらしいが、これらは海外から持ち込んだものだ。

ということで、最近のアップルの話題は次回ブログにアップ予定。乞うご期待。


 ぷらす

1歳の双子、食欲と睡眠欲のどちらが勝つか?


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
From 10/Jun/10
プロフィール

ドクトルさかもと

Author:ドクトルさかもと
人生は楽しむためにある(衆生所遊楽)と考え行動する人の倶楽部です。人生(生活)を楽しむには健康で、ロマンのあるやるべきことを持ち、コミュニケーションを大切にし、セレンディピティを生かすことだと考えています。
ホーチミン市と八王子市にあるおうちBarはDual Lifeのリアル, VR/MR拠点として整備中です。


【メンバー資格】
年齢・性別・国籍・職業・有名無名…は問いません。人生を楽しむ、楽しみたいという“気”があり、お酒が飲めることが条件です。

===========

おうちBarサイゴン・八王子





ホーチミン市と八王子市にある「おうちBar」は皆のおうちです。気は主客一体ですので、リアルでおうちに来られる時はお酒やツマミの持込をお願いします。パッ~といきましょう!

どくとるさかもとプロフィール
doctole_2015032215022060c.jpg 1949年東京生まれ。 1973年立教大学社会学部観光学科卒業。ホーチミン市在住。 貿易専門商社で輸出入、委託加工貿易を担当し、世界50カ国以上に出張経験を持つ。ベトナムではベトナム初の日本料理店を開店させたり、初代駐在所長を歴任し、駐在事務所設立や各公団との事業提携及び生産管理などを行う。 1995年、貿易専門商社より独立しインドシナビジネスネットワーク社を設立。 2005年5月、日本からお花見セットを持参してフンザ王国でお花見を敢行。 2007年2月、リオのカーニバルにマツケンの衣装を着て参加、リオNo.1のディスコで踊りまくる。 還暦を契機に、長年の考えを具現化した熱帯楽園倶楽部を立上げ、更に人生を大いに楽しもうとしている。 キャッチフレーズ:ウソと冗談の嫌いなどくとる
アルバム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
クリック
トリップアドバイザー
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。