近未来のメガネとコンタクトレンズ

google-glass.jpg

いゃ~今年はアップルから時計(iWatch), グーグルからはメガネ(Goodle Glass)が発売されそうで、ポストスマホ元年になりそうだ。せっかくスマホを覚えたのに、もう次の新しいデバイス!? と嘆く人もいるかもしれないが、進歩、向上することが自然法則であり楽しいことなのだから楽しみに待ちましょう!

Google Glassは、ニュースや電子メール、ツイート、そのほかのテキストなどを読み込み、ユーザーのために読み上げてくれる。さらに、デバイスは口述筆記の機能を持ち、データの共有や保存もできる。Google Glassがあれば、何かほかのデバイスを見るために視線を落とさなくても、ジョギングやサイクリングをしている際のバイオメトリックデータなど、ほとんどあらゆる種類のデータを表示することができる。

今後10年間で、Google Glassのようなデバイスは、スマートフォンのように日常生活に不可欠なものになり、さらにはスマートフォンに取って代わる可能性さえある。店の中では、Google Glassはバーコードを読み取って、関連情報を表示したり、さらには特売品を狙う人々のために、その場で使えるクーポンを表示したりすることができる。必要に応じて、製品の原材料や、レビューや他店価格をハンズフリーで確認することができるようになる可能性がある。Googleは、同社による3つめの脳半球を使えば、検索結果やほかのコンテンツ、さらには広告などをより正確に対象ユーザーに伝えることができ、それが結果的にユーザーあたりの売上高の増加につながるという。


Google Glass向けアプリの「InSight」は、服の色や体の構造、動きのパターンなどのデータをフィンガープリント(指紋)として使うことで、人物を特定する。人々が空港やショッピングモール、スポーツイベント会場などの混み合った場所で互いを見つけるのに役に立つというのが、このアプリのアイデアだ。ユーザーは自分のスマートフォンで写真を撮る。この写真は、Google Glassがアクセスして本人確認に使うことができるクラウド内のビジュアルフィンガープリントとなるほか、ソーシャルネットワークのプロフィールにリンクされる。InSightがビジュアルフィンガープリントを計算した後で、ユーザーが服を変えれば、ユーザーは再び個人が特定されていない状態に戻る。


Screen_Shot_2013-03-12_at_2_07_04_PM_610x230_460x173.jpg
InSightの仕組みを描いた図。Bobの電話が周囲に対して名前とフィンガープリントを伝える。Aliceの電話は、Aliceが使っているGoogle Glassからのフィンガープリントを計算し、周囲から得られたフィンガープリントと一致させ、Bobであることを認識する。

このアプリは、人々の写真を無許可で撮影し、その写真に最先端の顔認識技術を適用する。そして財務データや買い物データとリンクしたビジュアルフィンガープリントを作成する。このデータベースは販売員に、店にいるどの顧客が一番の見込み顧客であるかを示すことができる。ホテルであれば、建物に入ってきた重要な顧客を瞬時に認識し、その顧客の好みや、過去の利用歴を調べることができる。テクノロジをこのように利用することは、実用的ではあるが、同時に不気味だ。

下の動画はGoogle Glassが向かっているかもしれない、奇妙な世界を垣間見ることができる。メガネの先は動画のようにコンタクトレンズが可能になるのだろう。ちょっと目と頭が疲れそうだが、近未来の姿だ。



HDとvimeoの間にあるこのアイコンをクリックすると拡大画面になります
101110_youtubeexpand.jpg



ぷらす

ちょっと頭の痛くなる動画を見た後は、台湾のローテク荒業をお見せしよう。
トラックに積まれている3トンの竹を30秒で降ろす方法



到着したトラックには3トン分の竹が積まれている。ドライバーは、運転席から一歩も出ることなくわずか30秒で積荷全てをおろしてしまう! この荒業は台湾の業界ではわりと一般的な方法らしい。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

ドクトルさかもと

Author:ドクトルさかもと
1949年八王子生まれ
1973年立教大学社会学部観光学科卒業
旅行会社、貿易商社、自営業を経験
Bepal親子の印度哲学の旅 フンザ王国でのお花見
リオのカーニバルで踊りまくり等のイベント実施

近未来遊楽生活
5FA35EE4-60C6-4362-AF63-1DDB31E45891.jpg リアルとバーチャルの境界が溶け始めてきた現在と近未来を見据えて、「近未来遊楽生活」を始めました。ブログ「熱帯楽園倶楽部」の発展系です。 遊楽生活には、大/小道具、大/小イベントが必要と考えています。その道具類の導入から使いこなし、イベント(旅、パーティー)の楽しさ等々を面白おかしく書き綴っていきます。 リアル拠点はホーチミン市と八王子市にあります。
アルバム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
クリック
トリップアドバイザー
QRコード
QRコード