スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘境ロイヤル

写真 (6)

写真 (5)

ちょと最近はアジアの秘境リゾートに凝っている。今回はバンコクから200㎞南下したところに、海と山が同時に楽しめるロイヤルリゾートがあるらしいという情報を得た。

Hua Hin(フアヒン)は日本人にはあまり知られていないが、欧米人にはポピュラーなリゾート地らしい。街は欧米人ばかりで、日本人はバンコク駐在のファミリーくらいだ。

日本のデフレや円安のためか、タイも物価は殆ど日本と同じくらいだ。この物価に関する感覚はベトナムや最近行ったカンボジア、インドネシアでも同じだ。いまや物価は世界共通と考えたほうがよい。

DSC_5410.jpg

写真 (2)

最初のホテルはロイヤルにふさわしい5星の「Anantara Resort & Spa Hua Hin」に滞在した。野郎3人とロイヤルリゾートのミスマッチが面白い

DSC_5415.jpg
珍念和尚

DSC_5409.jpg
どくとる&としぼう




次は洞窟の中の秘境ロイヤル

130118TL03.jpg

カオ・サームローイヨート海洋国立公園の奥深くにあるプラヤー・ナコーン洞窟。この洞窟の中に、天から後光が降り注ぐタイで一番小さい王宮「クーハーカルハート宮」がある

写真 (3)

DSC_5460.jpg
プラヤー・ナコーン洞窟の天井は陥没により大きな穴が空いている

この王宮にたどり着くには暑い中、険しい坂を上って行かねばならない。石段らしきものがあるが、つるつるに磨り減っており、滑りやすい。どくとるはクロックスを履いていったのだが、それでも何度か滑りそうになった。(雨の降った後は完璧に滑るので要注意)

DSC_5467.jpg
汗でポロシャツはびっしょり

普通、ツーリストはボートで洞窟の登山道入口まで行くのだが、我々はその登山道入口までも歩いて一山越えて行った。どくとるはジョギングでいつも滂沱の汗をかいているし、スクワット500回、そして正心調息法アウトドア版を実践しながら登ったので、ほとんど疲れない。どんどん登って行っていける。どくとるより若い二人を王宮で待つ状態だった・・・。

ジャンジャン



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
From 10/Jun/10
プロフィール

ドクトルさかもと

Author:ドクトルさかもと
人生は楽しむためにある(衆生所遊楽)と考え行動する人の倶楽部です。人生(生活)を楽しむには健康で、ロマンのあるやるべきことを持ち、コミュニケーションを大切にし、セレンディピティを生かすことだと考えています。
ホーチミン市と八王子市にあるおうちBarはDual Lifeのリアル, VR/MR拠点として整備中です。


【メンバー資格】
年齢・性別・国籍・職業・有名無名…は問いません。人生を楽しむ、楽しみたいという“気”があり、お酒が飲めることが条件です。

===========

おうちBarサイゴン・八王子





ホーチミン市と八王子市にある「おうちBar」は皆のおうちです。気は主客一体ですので、リアルでおうちに来られる時はお酒やツマミの持込をお願いします。パッ~といきましょう!

どくとるさかもとプロフィール
doctole_2015032215022060c.jpg 1949年東京生まれ。 1973年立教大学社会学部観光学科卒業。ホーチミン市在住。 貿易専門商社で輸出入、委託加工貿易を担当し、世界50カ国以上に出張経験を持つ。ベトナムではベトナム初の日本料理店を開店させたり、初代駐在所長を歴任し、駐在事務所設立や各公団との事業提携及び生産管理などを行う。 1995年、貿易専門商社より独立しインドシナビジネスネットワーク社を設立。 2005年5月、日本からお花見セットを持参してフンザ王国でお花見を敢行。 2007年2月、リオのカーニバルにマツケンの衣装を着て参加、リオNo.1のディスコで踊りまくる。 還暦を契機に、長年の考えを具現化した熱帯楽園倶楽部を立上げ、更に人生を大いに楽しもうとしている。 キャッチフレーズ:ウソと冗談の嫌いなどくとる
アルバム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
クリック
トリップアドバイザー
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。