FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマホはもう古い?

アップルの次世代iPhone (iPhone 5S, 5C)は早ければ米国時間9月10日にも発表されるらしいが、すでにiPhone5を持っている人は触手を伸ばすとは思われない。しかし、もし以下のようなデザインのiWatchが発表されたら、欲しくなっちゃうよな・・・

130819ECiwatch.jpg 
iwatch2.jpg 

130819iwatch03.jpg
 




しかし、アンドロイド派はもっと凄そうだ。スマートウオッチ「Smile」のプロトタイプはすでに出来上がっているという。

スマイル 

このあまりにも未来的なデザインのスマートウォッチ、ただのコンセプトモデルではなく実際にプロトタイプが出来上がっている「Smile」。ビデオチャットも買い物も健康管理も、なんでもできるスマーテストな時計になるそうだ。

全面に湾曲ガラスが使用され、手首を180度ねじり返した反対側も操作&表示画面。内側には肌に直接触れるセンサーがあり、心拍数なども把握できるとか。

以下がその「smile」のコンセプトムービー





ぷらす

ベトナム3Gサービスの安さに世界がビックリ、中国の10分の1

ベトナム郵政通信グループ (VNPT)傘下の携帯通信大手モビフォンとビナフォンの2社は、4月1日から第3世代(3G)
のモバイル・インターネット・サービスの料金を+25%値上げしたが、それでも世界各国の3Gモバイル・インターネット・サービスの料金と比べてかなり低い水準だ。インフォネットが報じた。

ベトナムでの3Gサービス料金は月額4万ドン(約190円)から5万ドン(約240円)程度。これは中国の10分の1、ヨーロッパ諸国の40分の1にあたる。インターネット検索大手の米グーグルや通信機器メーカーの米クアルコムなどの企業も、ベトナムの3Gサービス料金の安さに驚いている。クアルコムのインドシナ担当者ティエウ・フオン・ナム氏は、サービスエアリアが全国人口の90%をカバーしており、ベトナムはアジアで3Gインフラが最も優れている国の一つだと評価した。

ニュージーランドのICT誌PCワールド・ニュージーランドの記者Juha Saarinen氏は、「ベトナムの公共の場所の殆どでWiFiや3Gサービスを利用でき、その殆どが無料となっている。外国人も6万5000ドン(約310円)でプリペイド式SIMカードを購入するだけで3Gサービスを利用できる。また、12万~15万ドン(約570~710円)で1.5~5.0ギガバイトのサービスに、16万8000ドン(約800円)でさらにハイスピードなサービスを利用できる」とコメントした。

なお、携帯端末ディーラーによると、市場で販売されている携帯端末の半数はスマートフォンだという。スマートフォン利用者の急増により、3Gサービスの利用者数は現在2000万人以上に達している。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

ドクトルさかもと

Author:ドクトルさかもと
1949年八王子生まれ
1973年立教大学社会学部観光学科卒業
旅行会社、貿易商社、自営業を経験
Bepal親子の印度哲学の旅 フンザ王国でのお花見
リオのカーニバルで踊りまくり等のイベント実施

近未来遊楽生活
5FA35EE4-60C6-4362-AF63-1DDB31E45891.jpg リアルとバーチャルの境界が溶け始めてきた現在と近未来を見据えて、「近未来遊楽生活」を始めました。ブログ「熱帯楽園倶楽部」の発展系です。 遊楽生活には、大/小道具、大/小イベントが必要と考えています。その道具類の導入から使いこなし、イベント(旅、パーティー)の楽しさ等々を面白おかしく書き綴っていきます。 リアル拠点はホーチミン市と八王子市にあります。
アルバム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
クリック
トリップアドバイザー
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。