FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

85歳で初めてパソコンに触れ、90歳でパソコンスキルの国際資格をゲット

ojiisan taiwan 
前回、「シニアが楽しく暮らす法」でネットの重要性を書いたが、85歳で初めてパソコンに触れ、90歳でパソコンスキルの国際資格まで取ったお爺さんがいる。

パソコンスキルの国際資格マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)に合格したお爺さんは台湾高雄県でバナナ農家を営む柯金吉(か きんきつ)さん(91才)だ。


彼が初めてパソコンに触ったのは85歳のときだ。
始めたところですでに高齢者の域。しかも柯さんは小学校しか出ておらず、当時は注音符号(日本語のかな表記のようなもの)さえ知らなかったそうだ。文字の入力以前の問題である。

柯さんは「パソコンができるようになって人生が始まったよ!」と語る。きっかけは農業組合がパソコン教室を始めたことだ。組合の若者に「柯さんが行かなきゃ誰が行くんですか」と誘われ思い切って参加してみたそうだ。

最初はコンピュータの電源を入れることさえできなかった。1コマ目の授業では3時間かけてマウスやモニタなどの名称を覚えた。2コマ目では自分の名前を入力できるようになった。

そして組合とは別に地元にスクールが開講すると早速入学。授業は大変だったそうだが、柯さんは授業に集中。板書もマメにとり、わからないことがあればすぐ質問、一歩一歩着実にスキルを身につけていったそうだ。

現在ではネットで天気や小説を見たり株価をチェック。家で暇を持て余している高齢者も多いが、彼には時間が足りないくらいだという。 ここまで頑張れたのは生来の不屈の精神だけでなく「若者の見本になりたい」という気持ちが原動力となったとのことだ。

スクール側は柯さんをアメリカのラスベガスで行われるMOS世界学生大会へ参加させたいとしている。小学校しか出ていないバナナ農家のお爺さんの努力を世界に知らせたいそうだ。

スマホやiPadなら、パソコンよりもっと易しい。やろうと思って遅いことはない。どんどん新しいことにチャレンジする柯さんの姿はシニアが楽しく暮らすお手本そのものである。




ぷらす

アメリカのアーティスト、Xiaonan Sun氏は両手で同時に別々の人物を描くことができる。




予想外の座り方でご主人様を待ち続けるネコが激写される

neko2.jpg



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

ドクトルさかもと

Author:ドクトルさかもと
1949年八王子生まれ
1973年立教大学社会学部観光学科卒業
旅行会社、貿易商社、自営業を経験
Bepal親子の印度哲学の旅 フンザ王国でのお花見
リオのカーニバルで踊りまくり等のイベント実施

近未来遊楽生活
5FA35EE4-60C6-4362-AF63-1DDB31E45891.jpg リアルとバーチャルの境界が溶け始めてきた現在と近未来を見据えて、「近未来遊楽生活」を始めました。ブログ「熱帯楽園倶楽部」の発展系です。 遊楽生活には、大/小道具、大/小イベントが必要と考えています。その道具類の導入から使いこなし、イベント(旅、パーティー)の楽しさ等々を面白おかしく書き綴っていきます。 リアル拠点はホーチミン市と八王子市にあります。
アルバム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
クリック
トリップアドバイザー
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。