スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマホ応用術(考えを遊ばせる)

夕日 

スマホの技術的な使い方とかはちょっと脇に置いて、今回は応用術(?)なるものをご紹介。

環境のよい場所やカフェに行き、そこでスマホを活用して考えを遊ばせる術だ。

普段は仕事や家事等をこなすのに精一杯で、なかなか考えを遊ばせるような時間は取れないし、もしそんな時間が出来たとしても、多分テレビをみるとか、享楽関係に走ってしまうのが普通だろう。しかし、今はスマホがあるのだから、もっと創造的で楽しい時間が過ごせる・・・考えを遊ばせる時間が持てるのだ。思索がないとただ食って、寝て、たれて、息をしているだけの人生になってしまう。思索を深めれば人生を理想のストーリー通りに進められる、志を持てる。

時間的には仕事や生活のルーチーンワークから解放された休日がよい。更に贅沢を言えば夕方がよい。要するにしがらみから開放された時がよいのだ。

考えを遊ばせるには、夢や悩み事などのテーマがあったほうがいいが、なくても自然と湧いてくる。リラックスした状態で、テーマがある場合は若干気合を入れて考え始める。すると、今まで考えられないような素晴らしいアイデアや解決方法が湧いてくる。出てきたアイデアや解決方法はそのままにしないで、スマホのメモやEvernoteに即、音声入力でメモする。

考えを遊ばせていると、友人の顔が浮かんできたりする。そんな時は即Siriちゃんに頼んでSNSや電話で連絡を取ってもらう。また、分からないことが出てきたら即Googleでチェック。そうすると思考は更に深化していく。

考えが行き詰ったり途切れたときは、周りの景色を眺めたり音楽を聴くのだ。するとまた新たな切り口が見つかる。

最近考えを遊ばせた時の一例を紹介しよう。
ことわざに「災いを転じて福となす」というのがある。これはどういうことなんだろう?
これは感じ方の違いではないか? 世の中におきることは本来すべて意味があり楽しいことなのだ。ありのままを受け入れ、災いと考えるのではなく、
セレンディピティ(黒い白鳥に書いた)だと思うのだ。

セレンディピティを感じる術は、何事も見て感じ取ったことをそのまま、その時の本心を言葉などで表現することだ! その事が起きた時は大変でも、あとから振り返ってみてその状況と見て感じ取ったことをそのまま、その時の本心を言葉などで表現できると心底面白く楽しい!これが即ち福となすことではないか・・・。言葉以外の絵や音楽等で表現できれば芸術となる。

Evernoteにこれに関連した記事が保存してあった。世界一周徒歩旅行中の青年の書いたメルマガだ。

「夏のスペインも暑い。毎日、10時間~12時間歩いていると夕方寝る所を探すのが一つの大きな仕事であった。スペインはあまり毒蛇も毒の虫もいないと思っていたので、シートだけを引いて寝ていた日が多かった。それでも、寝る時にシートに穴が開くといけないので、小さなサボテンを避けて場所を探している時であった。この時も独り言で「ここも良い所ではない。」「ここも駄目か!」と言いながら探していた。それで長い時間探した後、シートを敷いて腰をかけた目の前にすばらしい夕日が沈んで行くのであった。この景色を見せようとここまで来いと言っていた様に思うのであった。その夕日が綺麗でまたそのここまで来いと言っていたその気持ちに感激をして涙が止まらず30分は涙が出ていたのであった」

『ここまで来いと言っていたその気持ちに感激をして』→ 誰が言っていたのか? これがセレンディピティなのだ。一生懸命生きていると、自然(偶然)が味方する・・・と感じることが出来るのだ。天風哲人曰く、楽しいと思う心は、どんな辛い、苦しいことがあっても、それを辛い、苦しいと思わない。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
From 10/Jun/10
プロフィール

ドクトルさかもと

Author:ドクトルさかもと
人生は楽しむためにある(衆生所遊楽)と考え行動する人の倶楽部です。人生(生活)を楽しむには健康で、ロマンのあるやるべきことを持ち、コミュニケーションを大切にし、セレンディピティを生かすことだと考えています。
ホーチミン市と八王子市にあるおうちBarはDual Lifeのリアル, VR/MR拠点として整備中です。


【メンバー資格】
年齢・性別・国籍・職業・有名無名…は問いません。人生を楽しむ、楽しみたいという“気”があり、お酒が飲めることが条件です。

===========

おうちBarサイゴン・八王子





ホーチミン市と八王子市にある「おうちBar」は皆のおうちです。気は主客一体ですので、リアルでおうちに来られる時はお酒やツマミの持込をお願いします。パッ~といきましょう!

どくとるさかもとプロフィール
doctole_2015032215022060c.jpg 1949年東京生まれ。 1973年立教大学社会学部観光学科卒業。ホーチミン市在住。 貿易専門商社で輸出入、委託加工貿易を担当し、世界50カ国以上に出張経験を持つ。ベトナムではベトナム初の日本料理店を開店させたり、初代駐在所長を歴任し、駐在事務所設立や各公団との事業提携及び生産管理などを行う。 1995年、貿易専門商社より独立しインドシナビジネスネットワーク社を設立。 2005年5月、日本からお花見セットを持参してフンザ王国でお花見を敢行。 2007年2月、リオのカーニバルにマツケンの衣装を着て参加、リオNo.1のディスコで踊りまくる。 還暦を契機に、長年の考えを具現化した熱帯楽園倶楽部を立上げ、更に人生を大いに楽しもうとしている。 キャッチフレーズ:ウソと冗談の嫌いなどくとる
アルバム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
クリック
トリップアドバイザー
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。