スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンギュラリティ(特異点)は近い

41zfJkI6OtL._AA324_PIkin4,BottomRight,-49,22_AA300_SH20_OU09_
人類が生命を超越するとき


この本はKindle版¥ 2,190 単行本¥ 3,240で発売されている。 値段が高く、ボリューム(kindle版は13,585ページ)があって、かなり難解だがすごい本だ。 未来への指南書、バイブルだと言ってもいい。 著者のルイ・カーツワイル氏はAI(人工知能)研究の分野で世界的権威の一人とされ、2012年にグーグルに加わっている。 

特異点に達すると(達する前からも徐々に・・・)、ITだけでなく、今まで人類が築き上げてきた哲学、政治、ファイナンス、エネルギー、ロボット、医学、生物学、倫理学、法律、考古学など全てにパラダイムシフトが起きるとしている。


Evernote Camera Roll 20150214 144059

この本のキーワードは、指数関数的発展だ。「テクノロジーの変化速度は加速していて、その威力は指数関数的な速度で拡大している」という、この本が書かれたのは2005年(邦訳は2007年)だが、今年2015年はちょうど「曲線の折れ曲がり点」にあるように思えてならない。なぜなら、遠い将来の話だと思っていたことが、最近急に色々と現実化しているからだ。そして30年後、人類が生命を超越するシンギュラリティーを迎える。これは空想ではない、指数関数的発展を考えれば、本当に現実になってくることだ。たとえば、寿命は好きなだけ生きられる様になるという。(永遠に生きるとは意味が違う)

ちょっと難しくてボリュームがある本なので、全部読み終えるには数カ月かかるかもしれないので、25パーセント読み終えた段階で逐次感想を述べていきたいと思う。

No 31「真理に至る道はたくさんある 」
 正解はたくさんあるということだ。真理は1つ、宇宙霊かな。これは哲学だなぁ…。

No.123「十分に進んだテクノロジ ーは 、魔法と区別がつかない 」 J ・ K ・ロ ーリングのハリ ー ・ポッタ ーを 、こうした観点から考えてみよう 。たんなるおとぎ話かもしれないが 、これからほんの数十年先に実在する世の中を 、けっこうまともに描いたものかもしれない 。ハリ ーの 「魔法 」の実質的に全ては 、本書で説明するテクノロジ ーを使えば現実のものになる 」
 人生の拡張を目指せ!

しかし、この本には難しい部分もたくさんある。例えば、No.67にある以下のような文章だ。
「言い換えれば 、二つの手法で同じ結果に到達しても 、一方がもう一方よりも多量のコンピュ ーティングを使っていたとしたら 、コンピュ ーティングをより多く使うほうの手法は 、少なく使うほうの手法と同じ分量のコンピュ ーティングしか使っていないと見なされる」
・・・??? 何を言っているのか分からない。そんな時は067の(注)に飛ぶ、すると更に難しいことが書いてあったりして、もう何が何だか頭混乱散乱錯乱状態になる。つーことで、この本の読み方としては、自然と楽しく考えを遊ばせながらさらっと読んでいくのがよいと思う。

じゃんじゃん


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
FC2カウンター
From 10/Jun/10
プロフィール

ドクトルさかもと

Author:ドクトルさかもと
人生は楽しむためにある(衆生所遊楽)と考え行動する人の倶楽部です。人生(生活)を楽しむには健康で、ロマンのあるやるべきことを持ち、コミュニケーションを大切にし、セレンディピティを生かすことだと考えています。
ホーチミン市と八王子市にあるおうちBarはDual Lifeのリアル, VR/MR拠点として整備中です。


【メンバー資格】
年齢・性別・国籍・職業・有名無名…は問いません。人生を楽しむ、楽しみたいという“気”があり、お酒が飲めることが条件です。

===========

おうちBarサイゴン・八王子





ホーチミン市と八王子市にある「おうちBar」は皆のおうちです。気は主客一体ですので、リアルでおうちに来られる時はお酒やツマミの持込をお願いします。パッ~といきましょう!

どくとるさかもとプロフィール
doctole_2015032215022060c.jpg 1949年東京生まれ。 1973年立教大学社会学部観光学科卒業。ホーチミン市在住。 貿易専門商社で輸出入、委託加工貿易を担当し、世界50カ国以上に出張経験を持つ。ベトナムではベトナム初の日本料理店を開店させたり、初代駐在所長を歴任し、駐在事務所設立や各公団との事業提携及び生産管理などを行う。 1995年、貿易専門商社より独立しインドシナビジネスネットワーク社を設立。 2005年5月、日本からお花見セットを持参してフンザ王国でお花見を敢行。 2007年2月、リオのカーニバルにマツケンの衣装を着て参加、リオNo.1のディスコで踊りまくる。 還暦を契機に、長年の考えを具現化した熱帯楽園倶楽部を立上げ、更に人生を大いに楽しもうとしている。 キャッチフレーズ:ウソと冗談の嫌いなどくとる
アルバム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
クリック
トリップアドバイザー
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。