FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いやな仕事はしなくていい

IMG_5064.jpg

まぁ、なんか清々しく見える朝8時頃の、ホーチミンのいつもの風景だ。
まあ、建物はゴチャゴチャしてるし、電線が垂れている。リヤカーみたいな車を押しているおばちゃんは? 画面手前のsu suという店はどくとるがほぼ毎朝、フーティウ・ナンバンを食べている。これが旨いのなんのって! まぁ、今の日本人から見れば、あぁ発展途上だな・・・。


IMG_4818.jpg

IMG_4811_201601031729583b5.jpg

IMG_4815.jpg

昨年12月に東京ビッグサイトで開かれた国際ロボット展に行ったときの写真。なんか、整然としていて、会場内の人たちは日本のエリートサラリーマンという感じがある。どれだけ寸分違わず正確に出来るかが勝負だ。些細なミスも許されない・・・ まるでロボットだ。

上のベトナムと日本の写真は(撮影シチュエーションが違うが)、日本は規律正しくてよい、ベトナムはカオスだと感じたのではないでしょうか? つーことで、ここからが本題・・。人工知能が指数関数的に発展してくると、マニュアル(プログラム)に従って、正確に処理していく仕事は確実にロボットに取って代られる。じゃ、人間の強みは・・・? それは曖昧さ、好い加減、アバウト、カオスの領域ではないか!? 基準やマニュアルのないことは、今のロボットはできない。 

暴言が許されるなら、これからの人間はカオスの世界の面白さ、楽しさが分かる人になるのがいいのではないかとドクトルは感じている。

11_2016010319292209d.jpg 

さて、今年からオランダ第4の都市ユトレヒトが、すべての人に必要最低限の所得を給付するという社会政策を実験的に実施する。(ベーシックインカム<basic income>とは最低限所得保障の一種で、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を無条件で定期的に支給するという構想。=wikipedia=)

テクノロジーが発展している現在は、そもそも物が余っており、本来はそんなに一生懸命働かなくても十分食べていけるのだ。
それを世界の上位1%の層が、世界の富の半分を所有してしまっているから、食べられない人が出ているのだ。これを公平に分配する社会システムに変革すればよいのだ。理想論だけでなく、それを実行するユトレヒトはエライ!

未来は明るく楽しい。だって、嫌なことやはロボットがやってくれるし、ベーシックインカムがあるので生活には困らない。人間はカオスの世界で遊ぶことができるようになる!




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

ドクトルさかもと

Author:ドクトルさかもと
1949年八王子生まれ
1973年立教大学社会学部観光学科卒業
旅行会社、貿易商社、自営業を経験
Bepal親子の印度哲学の旅 フンザ王国でのお花見
リオのカーニバルで踊りまくり等のイベント実施

近未来遊楽生活
5FA35EE4-60C6-4362-AF63-1DDB31E45891.jpg リアルとバーチャルの境界が溶け始めてきた現在と近未来を見据えて、「近未来遊楽生活」を始めました。ブログ「熱帯楽園倶楽部」の発展系です。 遊楽生活には、大/小道具、大/小イベントが必要と考えています。その道具類の導入から使いこなし、イベント(旅、パーティー)の楽しさ等々を面白おかしく書き綴っていきます。 リアル拠点はホーチミン市と八王子市にあります。
アルバム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
クリック
トリップアドバイザー
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。