スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個の時代

個-red

「人類が家族や親族を大事にし 、集団をつくり 、宗教団体をつくってきたのは 、ひとりの力が弱いからだ 。たったひとりでは衣食住を確保することもできなければ 、子孫を残すこともできない 。だから家族を頼り 、集団を頼る 。それが 、社会が存在する理由である 。しかし科学技術や経済が発達し 、食糧の供給も安定して豊かになると 、近代以前ほどには 「家族や組織で支え合わなければ 、死んでしまう 」という恐怖は感じなくなり 、ひとは個人主義的になる 。身勝手になっていく 。家族や村 、自分が所属する集団に対して強いつながりを感じなくても 、生きていけるようになる」

家族や集団、団体は自己保存のための社会システム!?
集団の中で如何に協調していくか等が規範、ルール、モラル、倫理、道徳となった。 ストレスの一番の原因は、 集団の中での人間関係ではないかとドクトルは思っている。特に報酬を得ている職場では、嫌な人間との関係を簡単にやめることも出来ないからか、二重人格になる人が多い。営業上の顔と本来の顔を使い分けているのだ。だからいつも忙しいし、時々二つの顔を間違って、トラブルになったりする。

個の時代は、自分の生体リズムを基準にものごとを決めていける。風の吹くまま気の向くままに・・・。ストレスは少ないし、とにかく気持ちがいいのだ。また、人間関係は個と個の楽しいぶつかり合いになる。現在は、集団から個に移行する過渡期と思われる。だから、まだ人間関係に悩んでいる人も多いだろう。しかし、結構近未来に、知らず知らずのうちに、そんな個と個の楽しいぶつかり合い、本音で生きられる時代になっていくだろう。そんな近未来を想像できれば、今の悩みが多少解消するかも・・・。

子供の教育
我が愛娘、美里(ミリ)は日本生まれのベトナム育ちだ。2歳の頃からベトナムで生活していたので、母国語はベトナム語、英語はほぼネイティヴ、父親の背中から学んだのは日本語。その他、現在はスペイン語もできるようだ。
そんな美里が、どういうわけか(父親か母親のどちらに似たのかと議論になっている )、早稲田大学国際教養学部に入り、卒後はロンドン大学で考古学を学んだ。そしてロンドン大学から、今度はベトナムで働いてみたいということで、現在はホーチミン市でアルバイトのようなことをしている。
美里の日本語はドクトルの背中から学んだだけあって、乱暴な男言葉になっている。"変態老人"などと、ドクトルのことを呼びやがる。また性格もドクトルに似てしまった。アルバイト先で上司と喧嘩して辞めたりしている。

Miri in India 

「自由奔放」が教育方針のようなもので、要するに好きなようにさせ、うるさいことは言わない。旅にもよく連れて行った。中でも~風まかせ臭いまかせ~「Bepal親子の印度哲学の旅」全5話などは最高であった。トリップアドバイザーからリンクを貼らせてくれと言われたほどの旅であった。ブダガヤでの瞑想がその後の美里の人格形成に大きく影響したことは間違いない。
人からは娘を甘やかし過ぎではと言われるが、前述したように、これからの若者は個の時代を生きられるようになる。無理して苦労を背負う必要はない。そんな父親の理想、予想を実際に味わう先兵、アバターとして、美里の先行きを楽しもうと思っている。



IMG_5280.jpg 

週末は、外で食べた後美里を後ろに乗せて、大サイゴン橋をバイククルージング!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
From 10/Jun/10
プロフィール

ドクトルさかもと

Author:ドクトルさかもと
人生は楽しむためにある(衆生所遊楽)と考え行動する人の倶楽部です。人生(生活)を楽しむには健康で、ロマンのあるやるべきことを持ち、コミュニケーションを大切にし、セレンディピティを生かすことだと考えています。
ホーチミン市と八王子市にあるおうちBarはDual Lifeのリアル, VR/MR拠点として整備中です。


【メンバー資格】
年齢・性別・国籍・職業・有名無名…は問いません。人生を楽しむ、楽しみたいという“気”があり、お酒が飲めることが条件です。

===========

おうちBarサイゴン・八王子





ホーチミン市と八王子市にある「おうちBar」は皆のおうちです。気は主客一体ですので、リアルでおうちに来られる時はお酒やツマミの持込をお願いします。パッ~といきましょう!

どくとるさかもとプロフィール
doctole_2015032215022060c.jpg 1949年東京生まれ。 1973年立教大学社会学部観光学科卒業。ホーチミン市在住。 貿易専門商社で輸出入、委託加工貿易を担当し、世界50カ国以上に出張経験を持つ。ベトナムではベトナム初の日本料理店を開店させたり、初代駐在所長を歴任し、駐在事務所設立や各公団との事業提携及び生産管理などを行う。 1995年、貿易専門商社より独立しインドシナビジネスネットワーク社を設立。 2005年5月、日本からお花見セットを持参してフンザ王国でお花見を敢行。 2007年2月、リオのカーニバルにマツケンの衣装を着て参加、リオNo.1のディスコで踊りまくる。 還暦を契機に、長年の考えを具現化した熱帯楽園倶楽部を立上げ、更に人生を大いに楽しもうとしている。 キャッチフレーズ:ウソと冗談の嫌いなどくとる
アルバム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
クリック
トリップアドバイザー
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。