すきま時間

sunatokei.jpg


何かやることと、やることの間にできる”すきま時間”、これは自由に使える時間なのだが、短いのがよくないんだよね。 しかし、歳とともにこの”すきま間”時間は増えてくる・・・。 

つーことで、67歳になったドクトルにもすきま時間がやること時間を上回る状況になってきた。そこで、今回はドクトルが今考えていることをご披露します!

あらゆる”気”の要望に応える装置を備えたスペースを創る!
ドクトルはホーチミンと八王子におうちをもっている。すきま時間が増えてきている状況になってきたので、おうちの統合をしようと思う。物理的、精神的に統合されたスペースを創るのだ。

コンセプトは、ベトナム、日本おうちの好いところだけを取り入れて統合する。 例えば、ベトナムおうちは、 インターネット環境(八王子おうちはポケットWiFi)、心地よい音楽が流れている、歩き回れるグリーンスペースがある、パッキン君(犬)がいる、酒が飲める・・・・。
八王子おうちの好いところは、先祖の仏壇がある、周りの環境が静か(過ぎ)で緑がたくさんある、これからの仮想現実(VR)環境を構築しやすい・・・等。

これからの世界を考えたとき、現実を拡張するにはVR環境構築が重要だと思う。
日本はITインフラが進んでいる、VR機器を導入した後のフォローがしっかりしている、父母のお墓がある等の理由で、八王子おうちをリフォームしようと思っている。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

ドクトルさかもと

Author:ドクトルさかもと
1949年八王子生まれ
1973年立教大学社会学部観光学科卒業
旅行会社、貿易商社、自営業を経験
Bepal親子の印度哲学の旅 フンザ王国でのお花見
リオのカーニバルで踊りまくり等のイベント実施

近未来遊楽生活
5FA35EE4-60C6-4362-AF63-1DDB31E45891.jpg リアルとバーチャルの境界が溶け始めてきた現在と近未来を見据えて、「近未来遊楽生活」を始めました。ブログ「熱帯楽園倶楽部」の発展系です。 遊楽生活には、大/小道具、大/小イベントが必要と考えています。その道具類の導入から使いこなし、イベント(旅、パーティー)の楽しさ等々を面白おかしく書き綴っていきます。 リアル拠点はホーチミン市と八王子市にあります。
アルバム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
クリック
トリップアドバイザー
QRコード
QRコード