スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LINE乗っ取りの真相 (≠松居一代)

line-illegal-login-001.png

上記画面はラインのページから拝借、今回のケースでは「web moneyのプリペイドカード」ではなく「bitcashカード」になっていた。

先日、私のラインが乗っ取られる事件が起きました。多くの方々からご指摘を頂き、事件を知りました。ありがとうございました。

「忙しいですか? ちょっと手伝って欲しいんだけど?」「近くのコンビニでbitcashカードを何枚か買ってきて欲しいんだけどいいかな?」と言う様なトークでアクセスしてきます。
友達の一人は「天安門、同志、革命等のことばを入れて返信したよ」と言っていました。なんでも中国当局がネットを監視しているので、中国人が乗っ取っていれば、公安に突き止められるのでイタズラした者は即退散するようです。

どこから情報が漏洩したのか? LINEに確認してみたところ、LINEのセキュリティーはしっかりして(まぁ、みなそう言うでしょうけど・・・)いるのでLINEから漏れたということではないということでした。ではと考えたとき・・、そうだその頃、ウイルス駆除ソフトの期限が切れたのを更新をしていなかったからではと思い至りました。ウイルス駆除ソフトは常にアクティブにさせておくべきと深く反省した次第です。

LINEのHPでは、LINEのサーバには暗号化機能が組み込まれており、送られてきたアドレス帳の情報は暗号化されて保存されます。万が一情報の漏洩が起こっても、(復元することは極めて難しいため)第三者に知られたり推測される可能性は低いとしています。 また、「知っている人は、乗っ取られない。LINE乗っ取りに対する、正しい知識としてLINEサイバー防災訓練」を公開していますので、皆さんも是非アクセスして見てください。

今回の事件をきっかけに、LINEの使い方 完全活用ガイド【最新版:iPhone/Android/PC対応】を改めて読んでみてビックリしました。単に無料電話とトークだけかと思っていましたが、今はLINEの中だけでほとんど全てのネットサービスが完結できるプラットホームになっているのですね。LINE WORKSなんかも凄いです! いや~、今回の事件にめげず、ラインは使い続けていこうと思いました。

皆さんにご迷惑をおかけしたことを改めてお詫びいたします。
乗っ取られた後、LINEに即連絡して私の旧アカウントは削除してもらいましたので、その後はご安心ください。
LINEには改めて新規登録をしましたので、これに懲りずに今後ともよろしくお願いします。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コメントありがとうございます。
老いらくの身には堪える事件でしたが、いい勉強になりました。
指数関数的進歩を始めたテクノロジーについていくのが、段々大変になってきましたが、なんとか頑張ろうと思っています。

いつの世も出てくる

ドクトル様
今回は、また嫌な思いでしたが、勉強になりましたね。いつの世も悪いことをする輩は凡人に比べて非常に頭が良い。この才能を世の中を良くする事に使えばよいのにと思います。我輩も騙されやすいので、色んな情報を取り入れて防御策を取っています。将来は、体が動かなくなり、思考も衰えた時に頼り生かさせてもらうコンピューター、スマホを使い熟し乗り切ろうと思った次第です。
FC2カウンター
From 10/Jun/10
プロフィール

ドクトルさかもと

Author:ドクトルさかもと
人生は楽しむためにある(衆生所遊楽)と考え行動する人の倶楽部です。人生(生活)を楽しむには健康で、ロマンのあるやるべきことを持ち、コミュニケーションを大切にし、セレンディピティを生かすことだと考えています。
ホーチミン市と八王子市にあるおうちBarはDual Lifeのリアル, VR/MR拠点として整備中です。


【メンバー資格】
年齢・性別・国籍・職業・有名無名…は問いません。人生を楽しむ、楽しみたいという“気”があり、お酒が飲めることが条件です。

===========

おうちBarサイゴン・八王子





ホーチミン市と八王子市にある「おうちBar」は皆のおうちです。気は主客一体ですので、リアルでおうちに来られる時はお酒やツマミの持込をお願いします。パッ~といきましょう!

どくとるさかもとプロフィール
doctole_2015032215022060c.jpg 1949年東京生まれ。 1973年立教大学社会学部観光学科卒業。ホーチミン市在住。 貿易専門商社で輸出入、委託加工貿易を担当し、世界50カ国以上に出張経験を持つ。ベトナムではベトナム初の日本料理店を開店させたり、初代駐在所長を歴任し、駐在事務所設立や各公団との事業提携及び生産管理などを行う。 1995年、貿易専門商社より独立しインドシナビジネスネットワーク社を設立。 2005年5月、日本からお花見セットを持参してフンザ王国でお花見を敢行。 2007年2月、リオのカーニバルにマツケンの衣装を着て参加、リオNo.1のディスコで踊りまくる。 還暦を契機に、長年の考えを具現化した熱帯楽園倶楽部を立上げ、更に人生を大いに楽しもうとしている。 キャッチフレーズ:ウソと冗談の嫌いなどくとる
アルバム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
クリック
トリップアドバイザー
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。